断乳1歳3ヶ月やり方!1日中母乳に執着してても成功した体験話

断乳成功

2歳までに卒乳できればいいや~とのんびり構えていた私。

だけど、ある理由により娘が1歳過ぎたころから徐々に断乳を意識するように・・・。

1歳3か月の娘の断乳の決意をした話と、
その方法、進め方、そして卒乳成功!(´;ω;`)となるまでの
長い(?)道のりの記録です!

断乳1歳10か月のやり方や進め方は?

ずっと完母で育ててきた娘。

保育園に行かせるわけでもないし、

断乳・卒乳なんてまだまだ遠~い先の事だと思ってたんだけど・・・。

断乳を決意!その理由は?

 

もともと母乳が大好きだった娘。

安心して母乳を飲む姿、めちゃくちゃ可愛い。
私にとっても授乳の時間は癒しの時間。(*´ω`*)
だったんだけど・・・

可愛い。そして癒される。でもね。

あまりにも回数多くない?!

「パイパイ」とベビーサインと覚えたての言葉で要求してくる娘。
はいは~いとそれに答える私。

 

「パイパーイ」
ん?また?はいはい。

 

「パイパイ!パイパイ!!」
いやいや、つい5分前に飲んだところやん!( `ー´)ノ

 

こんな感じで1歳になる少し前くらいから日中は
なんかもう、ずーっと授乳してる状態。

当時ベビー日記を付けていて、
授乳の時間も書き込んでいたんだけど、
最後の方はあまりにも授乳の頻度が多すぎて途中からもう書く気なくなってたくらい。
しまいには「授乳、日中ずっと。」と書かれてる(;’∀’)

 

「なんでこんなに母乳に執着するようになったんだろう?」
と私なりに考えてみたんですが、
たぶん、娘は本当に本当に臆病な性格で、人見知り&場所見知りも激しく、
月齢が進むにつれてだんだんと色々な事がわかってきたから、その分「怖い」と感じる事も増えて、その不安を授乳で埋めようとしていたんじゃないかな。思いました。

 

でもそれにしても、あまりにも授乳の回数が多い。
頻回授乳?っていうのかな。
もともと一人で何かに熱中して遊んだりできない子だったし
そばに居ないとすぐ泣いちゃう子だったけど
近くに居たら居たで、しょっちゅう母乳を求められる。

当然、家事も進まないし、
散歩に行ってもすぐに「パイパイ」となって家に帰ることになるし
外出しても授乳室を探し回らなければならない。
少ししたら落ち着くかな~と思ったけど、
数か月様子見ても落ち着くどころか授乳の頻度がどんどん増えてる!( ̄ロ ̄lll)ガーン

なので

  • 母乳に執着しすぎでどうにもこうにもならない。

これが断乳を考えた一つ目の理由です。

そして2つ目の理由が

  • 離乳食を全然食べない。

母乳が原因なのかはハッキリわからないけど、
ご飯を全っっ然食べない。
作っても作っても意味なし。
あれこれ工夫しても、食材を変えても断固として食べない。

家事が全然進まない中でどうにか作ってる離乳食。
せっかく子どもの為に作った食事を毎回食べてもらえないのは結構なストレスでした・・・。

これに関しての断乳の効果については別記事で詳しく書いています。

この2つの理由があって、まだ1歳半前だったけど断乳を決意したのでした!

私が実践した断乳の方法

ネットや雑誌などを参考に私が娘の卒乳に向けてとった方法は

2週間前くらいから言い聞かせる
あと少しでおっぱいバイバイしようね。と授乳の時に言ってました。
おっぱいに絵を描く

アンパンマンの絵を書きました。

日中出来るだけ外出したり予定を入れて気を紛らわせる

間を持たせるためにあっちこっち出かけました。

夫に協力してもらう

夫がいる3連休に断乳決行しました。

とにかく出来るだけ胸を見せない

お風呂も夫に入れてもらうか水着着用で入る

 

この方法が本当に正しかったのかどうかはわからないけど、
とりあえずこのやり方を実践してみることにしました。頑張るぞ!

母乳に執着してた娘の卒乳成功まで~昼間編~

2週間前から言い聞かせていた
「あと〇日でおっぱいバイバイだよ」という言葉、

分かってるのか分かってないのか、
そう言うと母乳を飲みながらも手でバイバイするようになってました。

 

そしてついに断乳決行の1日目、
頑張る!と、意気込んだはずなのに。朝起きてふと気づくともうすでに娘は勝手に私の服をめくって飲んでるっ・・!(-_-;)オーイ

 

いやいや気を取り直して・・・
朝ごはんを食べさせ、午前中のうちに本当に最後の授乳を。
「これで最後だよ、今まで一杯飲んでくれてありがとう」
とお礼を言いながら思う存分飲んでもらいました。

 

その後は気を紛らわすためにショッピングセンターや公園へ。
2回ほど小さく「パイパイ」と要求されたけどおやつやベビーフードでごまかす。

いつもは添い乳で寝かせている昼寝も抱っこ紐でショッピングセンターをウロウロしてたら寝てた!

あんなに日中は母乳に執着してたのに、
外出してるのと夫が相手してくれるのもあって初日の昼間はなんなくクリア~!

 

しかし、問題は夜寝る前の授乳。( 一一)

夜ご飯を食べて寝室に行くと
ここでついに「パイパイ!」とはっきりした要求が。

そこであらかじめ仕込んでおいた(?)おっぱいに書いたアンパンマンの絵を娘に披露する。
「おっぱいアンパンマンになっちゃたよ。」

すると「イヤ・・・」と言って泣き出す娘。
服を戻してアンパンマンを隠し、泣いてリビングに行きたがる。
リビングでもう一度、私の服をめくって胸のアンパンマンを確認して「イヤ」と言って服を戻した。

 

それからは抱っこ紐で抱っこして1時間ほどウロウロしたらやっと寝てくれた~

疲れたけど授乳しないで昼も夜も寝かせられるなんて奇跡的・・・!

 

断乳2日目・3日目も朝起きて相変わらず一番に母乳を欲しがるけど言い聞かせたら我慢できた。

外出して気を紛らわせる作戦は続けて公園・ペットショップなど娘の喜ぶところで楽しませる!

お昼寝はなんと夫の抱っこで成功!!(これほんと奇跡!)

しかし日中そこまで機嫌が悪いわけではないけどあまり笑わない。(T_T)

たまに母乳を欲しがるけど
「アンパンマンになっちゃったよ。見る?」と言うと
「イヤ・・・」と言って見ようともしない。

さらに途中一回転んで号泣!
今にも「パイパイ」と言いそうな顔をしてたのに言わなかった。
我慢してるみたい(泣)(´;ω;`)

 

二日目の夜は実家で家族の集まりがあって従妹もいたので気が紛れていたみたい。
いつもより夜更かしして、家に帰るまでの車の中で寝てくれたのでこの日は助かったけど
三日目の夜寝る時は泣いちゃったので抱っこ紐でゆらゆら。
でもこの日もどうにか寝てくれた!

 

そして断乳し始めて4日目。
朝「ママ」「ママ」と呼ばれて起こされた。
泣いてない!泣かずに起きれた・・・!

日中はいつもよりも、かまって攻撃がすごいけど機嫌は悪くない。
今日は夫が居ないので朝も昼からも児童館で時間をつぶすことに(´・ω・`)

お昼寝は移動の車の中で。
初めての児童館で疲れたのか夜はお風呂に入れたらすぐ寝てくれた!

この日から日中「パイパイ」と言わなくなった。

 

5日目以降は昼寝は抱っこ紐、夜は添い寝トントンで寝てくれる日もあれば抱っこ紐で寝かせる時も。

でも、母乳を欲しがらなくなったから、
日中の断乳は4日で完了した!
という事になるのかな・・・?!

スポンサーリンク

授乳が夜中も頻繁だった娘の卒乳成功まで~夜中編~

今までずっと寝かしつけは添い乳。
そして夜中に起きた時も添え乳で対応していた私。

娘の母乳への執着が高まると同時に夜中の授乳回数も多くなって
添い乳とは言えこの頃は寝不足で日中ふらふらでした・・・( 一一)

 

外出したり、遊んだりでごまかせる日中とは違って
夜はかなりの修羅場になるんだろうな。
長時間抱っこは絶対に免れない!
そう思った私は抱っこ紐を枕元に寝ることにしました。

 

断乳1日目の夜は寝てから1時間半で泣いて起きたので
すぐ抱っこ紐をしてゆらゆら・・・
寝てくれたと思っても置いたら泣くから抱っこ紐のままでしばらく椅子に座って完全に寝てから布団に下ろす。(全部で1時間くらい)

これを朝までに5回繰り返しました。

眠すぎて最後らへんは娘を布団に置いた後も抱っこ紐装着したまま寝てました。(*_*;

 

2日目、3日目の夜中も
「パイパイ」と泣いて起きるけど同じように抱っこ紐やお茶を飲ませたりで対応。

泣いて起きてから抱っこして寝るまでの時間がだんだんと短くなってきた。
(起きても抱っこしたらすぐ寝てくれるように)
途中完全に目が覚めて遊び始めてしまう事もあったけど(汗)
泣いて起きる回数も4回→3回→2回と減ってきて

4日目には泣くものの「パイパイ」とは言わなくなった。

 

そして5日目。
ついに前日の夜の20時半~朝の6時頃まで

一度も起きることなく寝てくれた・・・!!!

娘を産んでから1年と数か月、
やっと私も朝までぶっ通しでぐっすり眠ることが出来るようになった瞬間でした。( ;∀;)ヤッタヨー!!!

まだ小さいのに本当に本当に良く頑張ったね!(T_T)

スポンサーリンク

断乳を成功させるコツまとめ

最終的に断乳を始めて
昼も夜も4日目には母乳を要求してこなくなり(我慢してるんだろうけど)
5日目には夜中に起きることもなくなったので
私と娘の断乳は全部で5日で完了したことになります。

 

娘の母乳への執着は本当に強いものだったので
かなり苦戦すること覚悟をしてたわりに
「思ったよりもすんなり卒乳出来たな」というのが私の感想です。

 

こうやって断乳が成功したのは
前もっての言い聞かせも少なからず意味があったと思うし、
日中あっちこっち連れて行って気を逸らすというのもすごく有効な方法でした
それに夫に協力してもらえたというのもかなり助かったポイント!

 

でもやっぱり一番効果的だったのは
胸に書いたアンパンマン。それを見た時の娘の表情が忘れられません(^^;)

アンパンマンで効果がなければ怖い顔でも書こうかなと思ってたけど必要ありませんでした。
むしろウサギでもニコちゃんマークでもたぶん何でも同じだったと思います。
おっぱいが別の物になってしまった!コワイ!
と思ったんでしょうね。見たくもない!という気持ちが伝わってきた。

おかげで私も鏡を見ながら胸に真剣に落書きをする。
という普通中々無い経験をさせてもらえました(笑)

 

お風呂での水着着用は、必要なかったかも?と思ったけど、
アンパンマンになってしまった胸を見たくない娘にとってはあってよかったのかも。

 

そして断乳に一番必要なのは、何よりお母さんの強い意志だと思います。

断乳は胸は張るし、抱っこ抱っこで大変だし、機嫌も悪いして大変だけど、
一番辛かったのは娘の我慢してる顔を見る事でした。
何度心折れかけたか・・・!

 

でも、私は結果的に断乳して良かったと思います。
今でもママっ子ではあるけれど
断乳前はそれこそ「ママ命!」「ママがすべて!!」という感じで、
おもちゃにもお外にも興味がない。
ママが居ればいい。という雰囲気の娘でしたが、

断乳後は少しずつ散歩が楽しめるようになったり、
おもちゃで遊べるようになった気がします。

 

母乳で安心感を与えていたのも事実だけど、
断乳して「母乳がなくても大丈夫」という安心感を与えられたのも事実。

断乳に踏み切るまでは
本当に出来るのか?まだ早くないか?後悔しないか?とか色々とすごく悩みましたが
娘は卒乳を機にすごく成長したので、結果的にこれでよかったと思っています。

スポンサーリンク

コメントを残す