ハッカ油で虫よけスプレーの作り方と効果的な使い方!

ハッカ油で虫よけスプレー

暑くなってくるこの時期の
悩みの種のひとつ

虫( 一一)

特に小さい子供や赤ちゃんがいると
市販の虫よけを使うのも気が引けるし
だからといって何もしないでこどもが蚊に刺されても可哀想((+_+))

それに部屋に虫が入ってくるのも絶対嫌だし!

そこでこども使える安全な虫よけを探していたら
天然成分のハッカ油が虫よけにすごく良いらしい( ゚Д゚)!

丁度家にハッカ油があったので

  • 虫除けにどう使えるのか、本当に効果があるのか
  • どうやって使うのが効果的なのか?
  • 虫よけ効果を持続させるにはどうしたらいいのか?

 

などなど徹底的に調べた事を
どこよりも分かりやすく丁寧に解説します!

ハッカ油は本当に虫よけ効果がある?

消臭・拭き掃除などの家事に使えたり
アロマ効果や美容だけでなく
暑さ対策・眠気対策などなど
1本あれば、あっちこっち万能に使えるハッカ油。

虫よけ効果もあるらしいけど、
そもそもなんでハッカ油が虫よけになるんだろ?

ハッカ油が虫避けに効果的な理由は?

調べてみると、蚊だけでなくアリ・ゴキブリ・ブヨなどたいていの虫はハッカの匂いが苦手なんだそう。
ハッカに含まれるメントールという成分のスースーする

「ミントの香り」が虫よけの最大の武器みたい!

そしてさらにダニに関しては増殖抑制効果だけでなく殺ダニ効果まであるんだって!
布団や枕にハッカスプレーをシュッとしておいてダニを近づけない という方法も。

 

ハッカ油は虫以外にどんなものに効くの?

ハッカ油は虫だけでなくカラスやネズミ・猫にも効果あり!
カラスがゴミ袋を荒らさないように、家の外に置いたゴミ箱やごみ袋にハッカ油スプレーをかけたり、
花壇にネコが入らないように周りにハッカ油を入れた水を撒いたり・・・
知ってる人は色々な場面でハッカ油を活用してるんです!

 

ハッカ油の虫よけスプレーの作り方!

ではその万能ともいえるハッカ油スプレーの作り方を紹介します。

ハッカ油虫よけスプレーの材料
  • ハッカ油
  • 消毒用エタノール
  • 精製水
  • スプレーボトル(ポリプロピレンかガラスの容器)

ただただ材料を混ぜて作るんじゃなくて
せっかくなのでそれぞれの材料の持つ役割を見て行きましょう~!

ハッカ油の役割

これが無いと始まりません。
・虫除け効果
・殺菌効果
・消臭効果
ハッカ油には色々な効果があります☆
色々な種類のハッカ油が大体500円~売られていますが
国産の物を選ぶと安心ですね!

消毒用エタノールの役割

消毒用エタノールはハッカ油と精製水がうまくなじむ役割をしてくれます。
ドラッグストアなどに行くと
「無水エタノール」と「消毒用エタノール」があると思いますが、
「消毒用エタノール」の方が殺菌力があるのに肌に優しいんです!
なんで「消毒用エタノール」を選ぶようにしてくださいネ。

精製水の役割

なんで精製水?水道水じゃダメなの?って思っちゃいますよね。
水道水でももちろん虫よけスプレーは作れるんだけど
水道水には塩素が入っていて、
その塩素がハッカの成分を分解してしまう恐れがあるんです。
せっかくハッカスプレーを作るのに、
その成分を分解されちゃ元も子もないですよね”(-“”-)”
だからできるだけ精製水を使って作りましょう!

スプレーボトルの選び方

実はスプレー出来ればどんな容器でもいい!
というわけじゃないんです。
なぜならハッカ油はポリスチレン(PS)を溶かしてしまうんです( ;∀;)
ハッカ油を入れた瞬間、容器がドロドロに・・・( ゚Д゚)
なんて事はありませんが、
容器が溶けて品質が悪くなるのを避ける為に
ポリプロピレンかガラスの容器のスプレーボトルを選びましょう!

 

ではいよいよハッカの虫よけスプレーを作りましょう

 

ハッカの虫よけスプレー作り方は至って簡単。
・材料を合わせてスプレーボトルに入れる
・良く振って出来上がりです!

 

それよりも肝心なのはその配合。

ハッカ油を入れる量によって
そのスプレーの濃度は変わります。

やはり濃度が濃いほど虫よけの効果には期待できるんだけど
ハッカはその精油が一滴でも肌に触れると
かーーーーなりスースーして痛いくらいです!!

だから
直接肌につける為のスプレー
空間や物、服などにつける為のスプレーでは
ハッカ油の量(濃度)を変える必要があります。

肌に触れる優しい配合

・ハッカ油:5滴
・消毒用エタノール:10ml
・精製水:90ml

 

家の中や服の上から吹きかけて使う配合

・ハッカ油:20~30滴
・消毒用エタノール:10ml
・精製水:90ml
※絶対肌に直接スプレーしちゃダメです

こどもにも使うなら肌に優しい濃度で作ってあげなきゃね!

 

作ったハッカ油スプレーの保管方法とその使用期限は?

ハッカ油の虫よけスプレーを作ったら
冷蔵庫かできるだけ涼しい所で保管しましょう!

そしてその使用期限は
1週間から10日くらいを目安に使い切るように。
品質どうこうよりも効果が薄れてくるので”(-“”-)”

少なめに作ってこまめに使い切るか、
作ったら惜しげもなく使うか、です!

材料もそこまで高いものじゃないので
(ハッカ油に関しては一回買えばなかなかなくならないし)
せっかく作ったんだから、
シンクの三角コーナーやゴミ袋、フローリングの拭き掃除など
あっちこっちにスプレーして早めに使いきっちゃいましょう!

スポンサーリンク

ハッカ油での虫よけ持続時間を伸ばす使い方は?

すんごく万能なハッカ油ですが一点だけ欠点があるんです。

それは、
効果の持続時間が短い事。

ハッカ油は精油の中でも揮発速度の速い精油で
虫よけ効果の要ともいえるその香りの持続時間が短いんですよね・・・(´・ω・`)

作り方を紹介したハッカ油スプレーだと、
その持続効果は数十分~長くても1時間程度。

やっぱりその辺が市販の虫よけスプレーには劣る点なんです。

一度作ったハッカ油スプレーは使用期限も短いから、
こまめにスプレーし直して、ふんだんに使えば良いんだけど
出来ることなら、その効果の持続時間を伸ばしたい。

そこでどういう使い方をすればハッカ油の持続時間を伸ばす事ができるのか、
独自で調べた3つの方法と、その方法が間違っていないか などを
ハーブとアロマテラピーの専門店「生活の木」に行って聞いてみました!

 

1.香りの継続時間が一番長いデュフューザーを選ぶ

外で虫よけを使いたい場合は別ですが、
家の中でハッカ油の効果で継続的に虫よけをしたい場合は
何度も何度もハッカ油で作った虫よけスプレーをシュッシュっとするより
アロマの香りを部屋に漂わせる事の出来るデュフューザーが効果的なのでは?

そう思ってデュフューザーを調べてみると
・よく見るアロマの入ったビンにアロマスティックを刺して使うもの
・アロマストーンと呼ばれる石に精油を垂らして使うもの
・木で作られたブロックに精油を垂らして使うもの
・首から下げて使うネックレスタイプのもの 等々・・・
本当にデュフューザーの種類はたくさんあるんですね。

その数あるデュフューザー中で一番香りの持続力が高いものはどれですか?
と生活の木のスタッフの方に聞いてみたところ

香りが一番持続するのはアロマミストのデュフューザーです。
ハッカスプレー持続時間

と即答されました。

よくある電気を使ってミストと一緒にアロマの香りを放出させるオシャレなやつです。

やっぱり、ただ精油を置いておくよりも
ミストに乗せて香りを拡散させたほうがいいんでしょうね。
そしてこれならミストが出ている時間はずっと効果があるといえます。

安いものなら数千円~売っているし
もちろんハッカ油以外のアロマにも使えるので
一台くらい家にあってもいいかも。

また、加湿器にアロマを入れられる機能がついているものもあるよね!
うちの加湿器もそのタイプなんだけど
今まで一度もアロマを入れた事がなくて・・・
(というか今の今までその機能がついてる事すら忘れてた)
これを機に加湿器をアロマデュフューザーとして使ってみようと思います。( ー`дー´)

 

2.香りの持続時間の長い精油と混ぜる

これはアロマの香りの持続時間について調べていて知ったことなんですが、
アロマの精油には香りの続く時間=揮発速度が速いものと遅いものがあるらしい!

 

精油はその揮発速度によって3つに分けられていて

  • トップノート  精油の中で揮発速度が一番早い。約20分程度
  • ミドルノート  揮発時間はトップとベースの中間。約4時間程度
  • ベースノート  精油の中で揮発時間が一番遅い。香りの持続が長い。約10時間程度

 

ハッカ油はトップノートの分類だから香りがすぐに飛んでしまう というわけなんですね。

そこで、トップノートのハッカ油をミドルノートやベースノートの精油と混ぜる(ブレンド)したら香りの持続時間が伸びるのでは?!と思い、
これも生活の木のスタッフさんに聞いてみたところ

ハイ!そうですよ~! 今、店頭で炊いているアロマもトップノートの柑橘系とミドルノートの精油を混ぜているんです♪
ミントの精油で虫よけ

との返答が!

ハッカ油(ミント)と混ぜるのに相性のいい精油も結構あるようです。
ミドルノートやベースノートの好きな香りの精油をブレンドしてオリジナルのスプレーを作るのもいいですね!

 

3.虫よけに効く他の精油と混ぜる

 

とはいっても、アロマにそれほど詳しくない私。
ハッカ油であるミントの精油と何を混ぜればいいのか見当もつきません。

そこでふと、こちらも虫よけアロマとして定評のあるゼラニウムと混ぜるのはどう?
ゼラニウムとハッカ油を混ぜることで虫よけ効果上がったりするのでは!と思い
これまた生活の木スタッフさんに質問してみました。
その回答は

そうですね、より効果が期待できると思いますよ!
ハッカ虫よけ効果

との事です!(^^)!

しかもゼラニウムはハッカ油よりも香りの持続時間の長いミドルノート!
ゼラニウムの香りをかいでみましたが、ハッカ油と同じようにスーっとした香りでハッカ油よりももう少し柔らかい感じでした。

また、私はラベンダーの香りが好きなんですが、このラベンダーも実は蚊が嫌がる香りなんだそうです!
しかも、ミドルノート・・・!
そしてラベンダーはストレスを緩和してリラックスできる香りとしても有名ですよね。

こんな風に自分の欲しい効能と持続時間を考えて組み合わせて精油を選ぶって楽しいですね!
混ぜるとどんな香りになるのかな~という実験的な面白さもあります(笑)

スポンサーリンク

ハッカ油で虫よけスプレーまとめ

子供も使える安全な虫よけは・・・?
というところからハッカ油にたどり着きましたがアロマの奥深さにハマりそうです(#^^#)

勢いあまってうっかりアロマ検定をとるための教材なんかに申し込んでしまいそう( 一一)

そして
タイムリーに我が家のトイレにゲジゲジが出現したので
取り急ぎハッカ油をしみ込ませた布をトイレに置きました( ;∀;)コワイヨ~
早くハッカ油スプレーを作るべく
ドラッグストアに精油と消毒用エタノールを買いに行こうと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す